Event is FINISHED

International Open Data Day in Nagoya / オープンデータ東海

Description
「オープンデータ」はご存知ですか?政府や自治体などが保有するデータを2次利用可能な形で公開することにより、データの多様な活用が期待されます。2月22日の「インターナショナル・オープンデータ・デイ」は、世界や日本の各地で、同時にオープンデータに関するイベントが開催されます。

今年はオープンデータ活動が各地で全盛になりましたが、名古屋/東海もまだまだやります!

さて、今年の名古屋の目玉は、なんと「名古屋城のデータ」です!

名古屋城には昭和20年5月の名古屋大空襲で燃えてしま
う前に測量された図面「昭和実測図」が300枚近く存在しています。今回は、名古屋城総合事務所の協力により、この貴重なデータを「International Open Data Day」で利用させて頂けることになりました。データのイメージはこちらなどを参照ください。→ http://www.hommaru-palace.city.nagoya.jp/01_about/01_02_siryou/index.html

今回、公開される予定の昭和実測図の一覧を「ここ」に掲載しました!ぜひ確認してみてください。

また、いわゆる「オープンデータ」の活用についても考えます。名古屋市のオープンデータは、http://opendata.lisra.jp/ で一部公開されてます。

ぜひ、みんなでいろいろなアイディアを考えませんか?
開発者やデザイナだけでなく、オープンデータや名古屋城に興味のあるどんな方でも参加いただけます。

日時: 2014年2月22日(土) 10:00~18:00

場所: 名古屋 能楽堂 会議室

参加者・参加費: どなたでも、無料で参加できます。

   また、途中参加・退出・応援・差し入れ・冷やかしもご自由にどうぞ。

主催:オープンデータ東海 / Code for TOKAICode for NAGOYA
NPO法人位置情報サービス研究機構 (NPO Lisra),総務省東海総合通信局

後援:愛知県,名古屋市,オープンデータ流通推進コンソーシアム

プログラム:

9:30 開場

10:00 開会 (9:30~受付開始)

10:00~10:10 開会・あいさつ
     (オープンデータ東海 代表/ 名古屋大学 教授 河口信夫)

10:10~10:30 オープンデータ活動に関する説明と事例紹介
     (名古屋工業大学 助教 白松 俊)

10:30~11:00本日のデータ・名古屋城の歴史的データの解説
     (名古屋市会議員 玉置真悟、他)

11:00~12:00 名古屋城の見学(実費 450円を予定) (案内:名古屋城総合事務所)
     (見学に参加しない方は、会場でデータの利用が可能です)

12:00~13:00 昼食休憩 (各自でお願いします。)

13:00~14:00 アイディアワークショップ(ファシリテータ 河口信夫)
    話題提供:(明石工業高等専門学校 講師 新井イスマイル, 他)
      データの活用について、皆でアイディアをだし、グループを作ります。

14:00~17:00 アイディアソン・ハッカソン
    グループ毎に、議論をして、データの活用を考えたり、システム開発をします。

17:00~18:00 成果発表会
    各グループの成果発表を行います。

18:00 閉会 (終了後、名駅周辺で懇親会を予定しています。登録時にお知らせください)

(タイトル写真は CC BY SA)


(以下の写真は、名古屋市が保有する名古屋城の写真の一部です)

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-02-19 14:35:35
More updates
Sat Feb 22, 2014
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
名古屋能楽堂 会議室
Tickets
無料
Venue Address
名古屋市中区三の丸一丁目1番1号 Japan
Organizer
CODE for TOKAI/ オープンデータ東海
68 Followers